「お宿情報」の記事一覧

京丹後美食イベント『たんちょす』月間始まります!

いよいよ、丹後食材の地産地消にスポットを当てた、今秋の京丹後美食イベント「 #たんちょす イベント」の全貌が明らかになりました!
《企画内容》
10/17(日)たんちょす×日本酒ペアリングイベント(協力:峰山酒造組合)@和のオーベルジュまつつる @auberge_matsutsuru.2006
10/26(火)27(水)たんちょすテイクアウトフェア@プラザホテル吉翠苑 @plaza_hotel_kissuien
10/31(日)生産者ツアー@ミルク工房そら @milkthesora &梅本農場 @tentoumushi_batake (協力:丹後バル @tango.bar )
10/31(日)7店舗コラボレーションの松花堂弁当「たんちょすBOX」の販売(スープ付き)
10/17〜11/7の期間中、丹後の飲食店や旅館など各店舗のオリジナルたんちょすをお召し上がりいただけます。
是非チェックしてみて下さい!
当店も、
17日の地酒ペアリングコース
27日のたんちょすテイクアウトフェア
31日のたんちょすBOXで参加します!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

琴引浜 鳴き砂温泉の宿

和のオーベルジュ まつつる

https://www.matsu-tsuru.com

TEL:0772-72-3696

FAX:0772-72-3604

改装工事に伴う休館のお知らせです。ご迷惑をお掛けします。

お客室の一部改装などの工事に伴う休館のお知らせです。

休館期間:10月1日(金)〜10月20日(水)

上記期間中の、ご宿泊を伴うお食事は受け出来ませんが、お食事のみのご予約はお受けできるお日にちも有りますので、ご予約お待ちしております。

ご予定されておられたお客様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解と変わらぬご愛顧を宜しくお願いします。

冬期かにシーズンのご予約も絶賛受付中です。お待ちしております!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

琴引浜 鳴き砂温泉の宿

和のオーベルジュ まつつる

https://www.matsu-tsuru.com

TEL:0772-72-3696

FAX:0772-72-3604

京都府の緊急事態宣言延長を受け、9/13~9/30の営業体制について。

延長されました京都府の緊急事態宣言を受けまして、

9月13日〜9月30日における営業体制のお知らせです。

引き続き、1日3組様に限定して、以下の通りの営業と致します。

・営業時間を20:00までとします。(ご夕食のスタートは18:00をお勧めします)

・レストランでの酒類の販売を自粛します。(お客室へのお持ちすることは可能です)

度重なる営業自粛要請により、私どももモチベーションを保つ事がとても難しい中ですが、今しか出来ない事もあります。これまで以上にお客様の「思い出に残る宿」を目指して前進していきたいと思います。

お客様には引き続き、大変ご迷惑とご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

コロナ禍の状況が落ち着き、世の中が平穏に戻りまして、1日も早く通常通りお客様をお迎えできることを願って止みません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

琴引浜 鳴き砂温泉の宿

和のオーベルジュ まつつる

https://www.matsu-tsuru.com

TEL:0772-72-3696

FAX:0772-72-3604

今年度冬期「かにシーズン」についてホームページでのWeb予約受付をスタートしました!

2021年度、冬期「かにシーズン」についてオフィシャルホームページでのWebネット予約受付をスタートしました!

大変お待たせしました。いつもありがとうございます!

近年、値上がりが続くズワイガニですが、今年度の輸入ズワイガニについても「前例にないくらいの高騰」が決まっております。当然ながら11月6日から水揚げがスタートします「松葉がに」についても超高騰が予想されます。

つきましては、大変難しい価格設定ではありましたが、昨年以上に販売価格を値上げせざるを得ないこととなりました。申し訳ありません。

例年通り、当店こだわりの「蟹」をお召し上がり頂くため、ご理解と変わらぬご愛顧をいただけましたら幸いです。

新プランも造成しました

こだわりの【活】地松葉がに料理と丹後冬の味覚で創作会席を!『冬の丹後味わいコース』~地ガニはお二人で約1杯使用~

です。詳細は以下の通りですので、ご参考ください。https://reserve.489ban.net/client/matsu-tsuru/0/detail/488829

「丹後の魅力的な冬の味覚は「松葉がに」だけではありません。これまで多くのお客様に待望されたコースが遂にリリースとなります。

丹後地方の海・山・畑(オーガニック野菜など)の店主自ら仕入れるこだわり旬の地食材を使用した創作会席と、こだわりの目利きで見極めた「松葉ガニ」が同時に味わえる、『冬の丹後味わいコース』です。

松葉がに料理には、毎年ご好評いただく目利きした大きな「松葉ガニ」をお二人で約1杯使用します(3名様など奇数人数の場合は、追加料金が必要な場合がありますのでご了承ください)。

丹後冬の味覚(寒鰤、寒鰆などの地魚や、聖護院大根や海老芋、雪の下の白菜などの地野菜)を使用した、「和のオーベルジュ・まつつる」ならではの創作会席のお皿を、天然地魚のお刺身も含めて数皿。蟹料理としては、蟹刺し、焼きガニ、特製甲羅味噌焼き(お二人でのシェアとなります)、茹蟹(雌のセコがに)、特製スープのカニすき(事前のご希望で、自家製ぽん酢で食べるカニちりに変更して頂くことも可能です)、蟹雑炊。

茹蟹として、セコがに(松葉がにのメス)を時間をかけ面詰めをし、後は贅沢に食べるだけのこだわりのお皿も登場します。雄の松葉ガニは、なるべく1kgに近い大松葉ガニを使用しますので本物の違いを、そして「まつつる」でしか味わえない、『丹後冬の味覚』コースをお試し下さい。

丹後冬の味覚を色々召し上がりたいお客様や、「まつつる」ならではの冬のコース料理をご希望のお客様にはオススメで、別注にてオプション料理もございます。」

コースについてのお問合せなど、お気軽にご連絡ください。

例年通り、お馴染み様にお送りしておりますお葉書も現在準備中ですので、しばらくお待ちくださいませ。ですが、既に埋まってきている日程も有りますので、予定がお決まりのお客様はお電話にてお部屋だけ押さえることも出来ますので、ご連絡くださいませ。

昨年はGO TOやコロナ禍もあり、残念ながらお越し頂くことが叶わなかったお馴染み様も多くいらっしゃいます。

今シーズンも美味しい「松葉かに料理」、

加水・加温なし・循環ろ過なしの「湯船まるごと化粧水」源泉掛け流し100%の温泉を

多くのお客様にご満喫いただけるよう、新型コロナウィルス感染予防対策を引き続き行いながら、スタッフ一同気を引き締めて頑張りたいと思います。

皆様のご予約を心よりお待ちしております。

 

 

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・―

琴引浜 鳴き砂温泉の宿  和のオーベルジュ まつつる

https://www.matsu-tsuru.com

TEL 0772-72-3696

FAX 0772-72-3604   

京都府の緊急事態宣言発令を受け、8/20~9/12の営業体制について

昨日、再度発令されました、京都府の緊急事態宣言を受けまして、

8月20日〜9月12日における営業体制のお知らせです。

1日3組様に限定して、以下の通り営業致します。

・営業時間を20:00までとします。(ご夕食のスタートは17:30をお勧めします)

・酒類の販売を自粛します。(お客室へのお持ちすることは可能です)

度重なる営業自粛要請にて、お客様には大変ご迷惑とご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力を何卒よろしくお願いいたします。

コロナ禍の状況が落ち着き、世の中が平穏に戻りまして、1日も早く通常通りお客様をお迎えできることを願って止みません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

琴引浜 鳴き砂温泉の宿

和のオーベルジュ まつつる

https://www.matsu-tsuru.com

TEL:0772-72-3696

FAX:0772-72-3604